必要な機械

ドライバー

ハードディスクをコピーするために用いられる機器には、様々な種類が存在しており、市販で容易に入手する事が可能です。機器の種類には、お互いのハードディスクを台に差し込む型式をとるスタンド型と、ケーブルやアダプタを差し込むケーブル型が主に存在します。これらのほとんどがハードディスクが裸の状態となりますが、中には、ボックス型の形状をしており、パソコン本体横に添え置きしたボックスのスイッチ一つでハードディスク切り替えできる優れものもあります。 これら機器には、接続できるインターフェイス、ハードディスクの規格、OS対応、コピー機能内容などの違いが存在します。単にどれでもと言う訳でなく、自身が使用しているパソコンやハードディスクの種類に応じた購入が必要になります。

ハードディスクをコピーするにあたって、機器の操作内容はその商品によって異なるものです。単に接続させるだけでコピーを行うものから、パソコンとソフトを用いて操作を行うもの様々です。特に後者では、様々なコピー方法が行える利点があり、そのソフトも現在では非常に充実化しています。 費用を抑えたいという方にはフリーソフトでも行う事が可能であり、シェアソフトに引けを取らないほど機能に優れたものが存在しています。しかし、シェアソフトが示すものは機器に付属されているものとなりますが、フリーソフトが示すものは、接続するケーブルを自身で用意するものとなります。よってSATA接続であればパソコンボックスの解体が必要なケースもあり、手間や知識が必要不可欠な場合もあります。ハードディスクをコピーする場合には、これらの違いを理解したうえでシェアを用いるか、フリーを用いるかを決定しなければなりません。