復元時の注意点

ドライバー

うっかり間違えて大事なデータを削除してしまった、フォーマットしてしまった。 または、パソコンの調子がおかしいからデータ復元をしたい。 そういう時に行うのが、データ復元ソフトを用いる方法があります。 この方法を用いてデータ復元を行う際に注意すべき点があります。 データ復元は、100%復元できるわけではないということを覚えておいてください。 例えば、データ復元ソフトを用いて、復元しようとしていたデータに、別のデータが上書きされていたら、まず復元は不可能です。 インターネットによるサイトの閲覧も避けたほうが無難です。パソコンはインターネットを閲覧すると、次回アクセスしたときにすぐ見れるように、キャッシュというファイルをパソコン上に保存してしまいます。そうなると、何もしなければ復元可能だったデータが復元できないという状態になってしまいます。 また、パソコンの調子が悪くなり、システムをリカバリするときは、ハードディスクが初期化され、データが消えてしまいます。

パソコン上に重要なデータや、大切な写真があるときは、外付けハードディスクなどにデータをバックアップしておいたほうがいいでしょう。 もし、間違えてデータを削除してしまった、ハードディスクのフォーマットをしてしまったとしても、とっておいたバックアップを元に、データ復元ができるようになります。 バックアップはパソコンのリカバリを行う際にも大いに役に立ちます。リカバリする際はハードディスクは初期化されてしまうので、必ず行うようにしてください。 万が一、データのバックアップを取らずにリカバリーを行ってしまったときは、前述のデータ復元ソフトや、データ復旧センターなどで復元できる場合もあるので、あきらめずに試してみてください。